アメリカから帰国しました
心臓移植手術成功しました
目標額達成しました

両親からのメッセージ

両親挨拶

この度は、敬太の為に多くの方々の多大なるご支援・ご協力を受け賜り、心より厚くお礼申し上げます。

お一人お一人が優しい手を差し伸べて、心強い声援を送り続けて下さった結果、このような短い期間で目標金額を達成して頂くことが出来たと感謝しております。

今の敬太を救うには、渡航移植手術しか道は無く、しかしその選択がどれだけ皆様に御負担をおかけしてしまうことか…想像もつかない多額な金額に、不安と重圧でいっぱいでした。
しかしいざ活動がスタートすると、皆さんの何とかして敬太を救いたい!と云う熱意と、決して諦める事のない強い気持ちに、敬太と私たち家族がどれだけ勇気を貰った事か言い尽くせません。
不安は感謝と感激の波に打ち消されて行きました。

そして人と人が優しさの手を繋いで支援の輪が広がって行くと、それが敬太の生きる希望の光へ続いていると感じました。

寒い時期に声を張り上げて募金活動に励んでくれた方、赤ちゃんを抱っこして上の子の手を引いていたお母さん、重くなる募金箱を両手でしっかり支えて頭を下げているお子さん、買い物途中でふと足を止めて募金してくださった方、子を持つお父さんお母さんお孫さんと重ね合わせてくださった方々、お手紙やプレゼントで幸せを届けてくれた方々、きっと何度も躊躇しながらも知人友人に知らせてくれた方、仕事で疲れている時も、家の用事がある時も、本当は暖かい家でゆっくりと休みたかったであろう時も、見て見ぬ振りをする事が出来ずに自身の心と向き合って、みなさんが自分の事より敬太を救う事に精を出してくださった結果です。

一人一人の皆さんのそのお気持ちが大きな力となって、目標額達成に導いてくださったと思います。深く深くお礼申しあげます。有り難うございました。

現在はまだ渡航日が具体的に決まっていませんが、着々と準備を進めている次第でございます。
敬太が安定した状態で渡航出来る様、今後も注意を払いながら努めてまいります。どうか温かく見守って下さいます様、宜しくお願い致します。

本当にありがとうございました。

平成27年1月28日
堀井 孝哉・紀子

はじめに、「けいたくんを守る会」を結成し私達の長男敬太を救う為に立ち上がってくださった皆さんへ心より感謝申し上げます。

ご両親から

敬太は4人きょうだいの長男(小6)で弟と2人の妹がいます。

共働きの両親に代わって買い物、掃除などお手伝いも良くしてくれる子でした。
学校から帰ってくると洗濯物を取り込み、米を研ぎ、勉強してからスイミングに行く…という日々を送っていました。

特に勉強が大好きで時間があればいつもノートと鉛筆を片手に机に向かっていました。

そんな敬太が6月下旬に風邪を引きなかなか治りませんでした。
顔はロウ人形のように白く、浮腫んで息を切らし、疲れた様子で食欲も日に日に落ち、そのうち一口食べても吐くようになりました。
病院に通いましたが心臓の異変に気づくことができませんでした。

7月16日に急に体調が悪化し緊急搬送され心臓の手術をすることになり、医師に「心臓が10%しか動いていません、延命措置に置きかわるほどの手術が必要です」と言われ、初めて事の重大さを知りました。

ご両親から

ごく普通の当たり前の生活が特別な時間の積み重ねだったことをこの日を境に私たち家族は思い知ることになりました。

敬太は退院して家に帰り、今まで通りに学校に通ったり、皆と笑ったり・・

そういったごくごく普通の生活に戻れることを思い描いて大阪大学医学部付属病院での辛い治療にも耐え、明日への希望につなげています。

そんな敬太の姿を見て敬太の命を救える道があるならば敬太を救いたいという思いで海外での移植を決断しました。

しかし、海外での移植は多額の費用が必要であり、私ども一個人だけでは賄うことの出来ない状況です。

自分勝手なお願いということは存じておりますが、敬太の命を繋ぐため、どうか皆様の温かいご支援とご協力をお願いいたします。

平成26年12月 堀井孝哉・紀子

敬太君プロフィール

将来の夢:電車の運転士氏名:堀井 敬太

生年月日:
H14生まれ(12才・小学6年生)

血液型:B型

住所:愛知県半田市

家族:両親・弟・妹2人

将来の夢:電車の運転士

性格:
努力家・意志が強い・高い所が苦手

好きな科目:
算数・理科・音楽
好きなこと:
電車の旅・スーパーへお買い物(お手伝い)・勉強・水泳
アルトサックス(中学生になったら吹奏楽部に入りたい)

好きな音楽:コブクロ・ミスチル・ゆず

好きな芸能人:福山雅治

将来の夢:電車の運転士将来の夢:電車の運転士


メールはこちら