アメリカから帰国しました
心臓移植手術成功しました
目標額達成しました

けいたくんの近況報告

2014年7月

7月上旬
咳、食欲不振、嘔吐、息切れ、顔面蒼白で何度か受診(風邪と診断)

7月15日
病院を変え受診 肺に水が溜まっていると診断される

7月16日
半田市立半田病院入院
心不全の指標とされるBNP数値2000以上という結果がでる
名古屋市の中京病院へ緊急搬送 
「心臓が10%しか動いていない、延命処置に置き換わる程の手術が必要」と命の危機を告げられ人工心肺手術が行われる

7月17日
大阪大学医学部附属病院へ緊急搬送
7月18日
未明から体外式補助人工心臓手術が行われる
特発性拡張型心筋症と断定され、医師から行き着く先は心臓移植しかないと聞かされる 心筋細胞の線維化を確認

2014年6月

【これまでの経緯】
堀井敬太くんは電車が大好きで、「電車の運転士になりたい!」という夢を持つ
愛知県半田市内の小学校に通う電車の男の子です。
将来の夢:電車の運転士

1413003509924
小学校での健康診断も問題なく、元気に学校に通い6月には12才の誕生日を迎えました。
4月から地元のジュニアブラスバンドに所属しアルト・サックスを担当、来年からは中学校にの吹奏楽部に入ることを楽しみにしていました。振り返ってみるとこの頃からすでに心臓には異変が起きていました。

6月下旬
風邪がなかなか治らず、病院を受診(風邪と診断)


メールはこちら