アメリカから帰国しました
心臓移植手術成功しました
目標額達成しました

ニュースとお知らせ

近況報告(移植手術後1年)

LINE_P20160513_111702910

<けいたくんの近況報告>

けいたくんの経過を案じ、温かく見守ってくださる皆様、いつもありがとうございます。
アメリカピッツバーグでの心臓移植手術から、間もなく一年が経とうとしています。
特発性拡張型心筋症を発病した当時のけいたくんの姿からは想像できないぐらい、学生服を着て元気に登校するけいたくんを見かけるたびに、ご家族はじめ、多くの方々からの愛情に守られ支えられて、彼の今があることに感激しています。あらためて、ご支援頂きました皆様に深く感謝申し上げます。そして、けいたくんに命のバトンを繋いでくださったドナーならびにドナーのご家族に、感謝と哀悼の意を表します。
4月に中学2年生になったけいたくんの近況をお伝えさせて頂くと同時に、今後はホームページのみでの近況報告とさせて頂きます。
今後もどうぞ、けいたくんならびにけいたくん家族が、普通の日常に戻れるよう見守って下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

けいたくんを守る会
代表 岩浪房子

…………………………………………

いつも敬太を温かく見守って下さりありがとうございます。

移植後1年を経過するにあたり、先日移植後1年目の心筋生検を行いました。
ドナー様から贈られた心臓と敬太は、日を追う毎に馴染んでいる様で、血圧や脈、その他全ての検査項目数値も落ち着いて来ました。
拒絶反応の数値も問題無く、冠動脈の造影結果も良好との事で、免疫抑制剤を減量する事になりました。
免疫抑制剤を抑える事で、心臓を拒絶から守る力は弱まってしまうのですが、体への負担を軽減したり、感染症のリスクを減らす事が出来ます。
拒絶と免疫の絶妙なバランスを崩さない様管理しながら、毎月阪大受診を続けて行きます。

4月から中学2年生になった敬太は、ここ1年間で背が13㎝伸びました。お陰様で皆と同じ様な生活を送る事が出来ています。
朝は6時前に起床して部活の朝練から始まり、授業では何とか体育も行い、午後の部活に出て夕方6時半頃帰宅します。
普通の中学生が熟している様な多忙なスケジュールの中、疲れが時々体の不調として出てくる事もありますが、そんな時は勉強や宿題を全て中止して、早くに就寝する様に心掛けています。
敬太本人は「宿題が…テスト勉強が…」と嘆いているのですが、全ては命あっての出来る事。大切にする事の優先順位を、生活の中で身に付けている所です。
尊い贈り物を授かり、敬太は(出来る時に出来る事を出来るだけやりたい)と云う志しで、日々悪戦苦闘を繰り広げながらも精一杯生きています。

「与えられた時間がある限り生きぬく」
1年半前に、涙から顔を上げ、移植医療を受け入れた敬太が最初に強く語った言葉でした。
そう簡単に想い描く世界は手に入りませんが、折れながらブレながらも踏ん張って、今日に感謝しながらやっています。
「今日も楽しかった」と敬太が呟きます。(今日もありがとう。)と感謝が込み上げて来ます。

これらも温かく見守り続けて頂ければと思います。
ありがとうございました。

母・堀井紀子
LINE_P20160513_111702895
LINE_P20160513_111702903

中学へ初登校しました

14544731928941454473196595
御支援頂きました皆様へ、嬉しいご報告があります。
帰郷後も順調に回復していた敬太くん。念願の地元中学校への登校の夢が叶いました。
初めて袖を通す学生服は、まだ大きめで初々しく、喜びでいっぱいの敬太くんの笑顔が眩しいです。
皆様からの御支援あってのこの日を迎えられたことに、支援会一同心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

………………………………………

いつも敬太を温かく見守って下さりありがとうございます。

先週末、退院後初めて阪大病院で外来受診がありました。敬太は心臓も調子が良く内科的にも問題無し、という事で、医師から中学校への通学許可が出ました。

そして、2月1日に制服を着て、念願だった中学校へ初登校しました。
約1年半振りの学校では、中学校で約2/3が初めて会う子達、小学校で一緒だった子達は制服を着て一回り大きくなっていて、知っている顔の筈なのに、敬太の想像の中の皆とは少し違っていて、そんな環境に今はまだ戸惑って緊張しています。
重たい鞄に慣れない制服、各教科の道具を揃え、皆と一緒に授業を受ける。
今迄普通にやっていた皆と同じ生活に、今は付いて行くだけで精一杯です。
それでも敬太は
「教えて貰える、知るって楽しい!」「自分だけで勉強してた時とは、時間の流れが違うんだ。あっと云う間なんだ」
と、満足そうに話します。

今は登下校は車で送迎して、午前中のみ授業を受け帰宅しています。
敬太を受け入れる為の学校側の配慮にも、頭が下がる思いです。徐々に慣れて行けるように、皆に支えられています。

制服を着た敬太が校舎に消えて行く姿に、「今まで生きていてくれて、ありがとう」と目頭が熱くなりました。
そしてこの日を迎える為に、今迄支えて応援し続けて下さった皆様と移植医療に、深い感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございました。

堀井孝哉・紀子

………………………………………

敬太より

毎日、幸せな日が続いています。
僕の夢であった『制服を着て中学校に通う』事が叶いました。
メチャメチャ緊張しました。
中学校に行けるという幸せを改めて感じました。
だから、自分が「〇〇したくない、学校に行きたくない」とか言っていたら、「あっ、こんなこと言えるのは幸せなんだな」って振り返って生きていきたいです。

学校に行ける事、ご飯が、食べられる事、仕事につけるんだと思える事、生きている事…

僕の大きな大きな目標を達成させてくれてありがとう。

退院と帰郷のご報告

1450952873376

1450952878598

<退院と帰郷のご報告>

心臓移植手術を終え、今月9日にアメリカピッツバーグから帰国した敬太くんは、阪大での検査入院を経て、明日25日のクリスマスの日に無事退院し、半田に帰郷致します。
特発生拡張型心筋症を発症してから1年半、今日の日を夢見て、辛い治療にも立ち向かった敬太くん。どんな時も”生きる”ことを諦めなかった敬太くんがいたからこそ、家族も地元の方々も一つになって、頑張ることができました。
そして、全国から温かく力強いご支援をお寄せ頂いたおかげで、敬太くんの今日があります。
一人の命を守るために、これだけ多くの方々が愛を注いでくださっていることを、敬太くんだけでなく、募金活動に携わってくれた多くのこどもたちの心にもまた刻まれています。
初めて耳にする病名、臓器移植のこと。敬太くんのことを通じて、命について、生きるとは…厳しい現実と多くの大切なことを教えてもらいました。
『敬太くんのために出来ることは何か』を真剣に考え、募金活動に駆けつけてくれたお子さんや、手紙や千羽鶴を贈ってくださった学校や生徒の方々。その活動をご支援下さった保護者・先生・地域の皆様。本当にありがとうございました。
けいたくんを守る会一同、全国の皆様から頂いた温かなご支援ご協力を決して忘れません。そしてこの先も、敬太くんの笑顔が、大好きな地元で、お友達の中で、守られていくことを願い、今後も支援していきます。
敬太くんの身体の中では、敬太くんに命のバトンを繋いでくれたもう一人の尊い命が、力強く鼓動を刻んでくれています。
「やりたいことを頑張りたい!」
帰国後、敬太くんは笑顔でインタビューに答えてくれました。ご支援頂いた皆様からの愛をしっかり受け取り、敬太くんはきっと力強く生きてくれることと思います。
地元での生活環境が整いましたら、あらためて半田市役所にて会見の場を設け、皆様にご報告させて頂きます。
それまでどうか、敬太くんとご家族を温かく見守って頂けたら幸いです。
また全国からお寄せ頂いた募金の会計報告は、全ての精算を終え、集計出来ましたら、ホームページにてご報告させて頂きます。宜しくお願い致します。
今日までご支援下さった皆様に、深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。
けいたくんを守る会
代表 岩浪房子
        
【両親からのメッセージ】
       
いつも敬太を温かく見守って下さり、ありがとうございます。
12月25日、いよいよ待ちに待った退院日を迎える事になりました。
約1年半振りに我が家で、家族と一緒の生活に戻ります。
この日を取り戻す事を目指して、今迄歩んで来ました。紆余曲折はありましたが、こうして自宅に帰る日を迎えられた事で、敬太が病気になって以来やっと初めて安堵の気持ちを抱く事が出来ました。
今後は体調に変化が現れない様に気を付けながら、家での生活をスタートします。
月に一度のペースで阪大病院で検査を受けながら、念願の中学校へ通える日の為に体調を整えて行きます。
敬太が日常の生活に戻り、皆と同じ様に悩み苦しみ、そして挑戦して、喜んで、学ぶ姿を、1つ1つ大事に見守り続けたいと思います。
今まで本当に、本当にありがとうございました。
堀井 孝哉・紀子
      
【敬太くんからのメッセージ】
       
僕は今、言葉で表せないほど嬉しいです。
それは目標だった事が叶うから。
「半田に帰りたい」
これは、去年の7月に立てた目標です。
当時はとても手が届きそうにないように思えたけど、決して諦めた事はありませんでした。
そして、ついに帰れる日が目の前です。
家に帰りたい、という僕の想いに強く応えてくれた皆さんのお陰です。
本当に本当にありがとう。
今までは助けられていました。だからこれからは、逆の立場「助けてあげる側」になりたいと思います。
人が喜ぶ、人が幸せになる、そういった幸せの種をまいていこうと思うのです。
人のために、人を幸せにするために自分がいる、そう心がけていきたいです。

帰国から1週間経過

1450306728705
<帰国から1週間経過>

アメリカピッツバーグでの移植手術を終え、12月9日に帰国してから1週間が経ちました。
全国から沢山の祝福メッセージを頂き、ありがとうございました。

現在、阪大病院にて検査入院をしているけいたくんの様子をお伝えします。

………………………………………

いつも敬太を温かく見守って下さり、ありがとうございます。

阪大病院に入院して1週間が経過し、一通りの検査を終えました。
薬の変更や環境の変化等で乱れてしまった血中濃度や、体の中のバランスの調整が続いています。
数値が安定する迄は、部屋から出る事が許されていません。
この様な規制は在るものの、敬太の心臓の調子は問題なく、力を持て余す程の元気で今を過ごしております。

退院時期については未だハッキリとお伝えする事が出来ず、申し訳ございません。

敬太は9ヶ月振りの日本の病院食を「美味い!この味だよね!」と言って、満足そうに平げています。
「あぁ、アメリカの甘いクッキーが食べたいな…」とも言っています。
移植後ガラリと180度味覚が変わり、すっかり甘党になってビックリしています。
食事の管理や制限はこの先もずっと続くので、欲求と上手く付き合っていける様に取り組んでいます。

母:堀井紀子

…………….………………………

沢山の温かな御支援のおかげで、敬太くんは順調に回復しております。
皆様、本当にありがとうございました。

本日 18:15 から放送の、名古屋テレビ(メーテレ)番組”UP”にて、敬太くんの帰国時の様子等が放映される予定です。

今後共、温かく身守ってくださいます様お願い申し上げます。

無事帰国しました

けいたくんと両親の三人が、伊丹空港に無事帰国致しました

敬太くんと両親の三人が、伊丹空港に無事帰国致しました。

空港では、多くの報道陣から取材を受け、元気そうな様子を見せてくれた敬太くん。
インタビューでは「帰って来ることが出来て最高です! これからの人生、今まで以上に頑張ります。学校生活も楽しみにしています! 」と、支援者の方々へお礼の言葉を述べていました。

帰国後暫くは、大阪大学医学部附属病院に検査入院します。
その後、地元の半田市に帰郷予定です。

昨年末の募金活動から、早いもので一年が経とうとしています。

敬太くんが渡米してから9ケ月、危機的状況にも直面しましたが、皆様の温かいご支援のおかげで、敬太くんの命を繋ぐことができました。
無事、本日帰国することが出来ましたことに、厚くお礼申し上げます。

1億8千万円という多額な募金活動にご尽力頂き、またその後もお力添え、ご支援頂きました皆様、本当にありがとうございました。

「家族と一緒に過ごしたい」 「お友達と学校に通いたい」けいたくんの夢がもうすぐ叶います。
一人の少年の命と夢を繋いで頂き、本当にありがとうございました。

今後の経過につきましては、ホームページやFacebookにてご報告させて頂きます。
また、会計報告につきましては、医療費、渡航費等全ての支払いを終えた後、ホームページにてご報告させて頂きます。

宜しくお願い致します。

両親の三人が、伊丹空港に無事帰国致しました

帰国日が一日延期になりました

1449529988452

帰国日延期のお知らせ

本日帰国予定をしておりました敬太くんと両親は、ピッツバーグ空港を発ちましたが、シカゴ悪天候のため、翌日9日の帰国となりました。

心待ちにしてくださっていた皆様、明日には帰国した敬太くんの様子をお伝え出来るかと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

帰国日が決まりました

1448954595076

<帰国日決定のご報告>

アメリカピッツバーグに滞在中の敬太くんのお母さんから、帰国日決定の嬉しい報告が届きました。

………………………………………

今まで温かく見守り続けて下さり、ありがとうございました。
帰国日が12月8日(火)に決定となり、いよいよ帰国の日を迎える事となりました。

渡航したばかりの時は、この日がどれ程遠くに感じた事でしょう。
敬太と共に歩んでくれるドナーと巡り会う事が出来、足元の階段を一歩ずつ確かめて登る様に、毎日を積み重ねて参りました。

私達が帰国という目標に向って強い意志を持って歩んで来られたのも、支えて下さる皆様のご協力があったからです。
とても心強く、沢山勇気を頂きました。ありがとうございます。

この日を迎えられた事に、只々感謝と喜びで一杯です。本当にありがとうございました。
堀井 孝哉・紀子

(敬太からのコメントです。)

いよいよ帰国!
僕は今、ドキドキワクワクしてとても嬉しいです。
だって「半田に帰る」「家族と暮らす」っていう願いが叶うから。

半田に帰ったら、やりたい事が沢山あるんだ。
例えばその1つは、初めての中学校生活を皆と過ごすという事。

とにかく今、幸せな気持ちです。

応援してくれた皆さん、ありがとう。

堀井 敬太

…………….…………………………

御支援頂いた皆様のおかげで、敬太くんの命を繋いで頂き、帰国の日がいよいよ現実となります。
昨年末の募金活動開始より、多くの方々の温かな御支援を頂き、早期の渡米と移植手術を実現することが出来ました。
今日までの奇跡の様な日々を紡いでこられたのは、皆様の多大なる御支援の賜物と、心より厚く御礼申し上げます。
帰国日には、空港での敬太くんの様子をお伝え致します。
本当に有難うございました。

移植手術後6ヶ月

12240016_1672125869701065_2561295426984721198_n
11201883_1672125889701063_5936767228879646201_n

術後6ケ月経過
アメリカピッツバーグ現地より、敬太くんのお母さんから、敬太くんの容態に関する連絡が届きましたので、お知らせします。
………………………………………
今回は応援して頂いている皆様には、ご心配をお掛けする事態となりました事を、お詫び申し上げます。
5回目のバイオプシーも無事に終わり、順調に回復して帰宅しましたが、夜になり突然容態が急変しました。
「みぞおち辺りから液体物が流れる様な音がした」と言い出し、それと共に激しい痛みが始まり、水分を少し口に含むだけで嘔吐する様になりました。
緊急外来での検査で横隔膜の裂孔が見つかり、
直ちに横隔膜ヘルニアの緊急手術を行いました。
(横隔膜ヘルニアとは、横隔膜に穴が開き、腹部の内臓が胸腔内に入り込んだ状態。)
暫く入院しましたが、経過も良く退院する事が出来ました。現在は自宅療養しております。
帰国を前にしての予期せぬ突然の緊急手術と入院に慌てました。
しかし順調に回復してくる様子は、敬太と新しい心臓さんが一体となり、共に立ち上がってきてくれた証です。
移植をしたお陰で、この様な事態にも負けずに、敬太は這い上がる事が出来ました。今がある事に、手を合わせて感謝します。ありがとうございます。
バイオプシーの結果は良好で、拒絶反応もありませんでした。
次回のお知らせでは、具体的な帰国日を皆様にお伝えする事が出来ると思います。
帰国までの残りの時間を、敬太が長旅に耐えられる状態になれる様に、努めてまいります。
母:堀井紀子
…………………………………
順調な回復経過をたどっていたところでの、突然の緊急手術の知らせに驚き、心配もしましたが、無事退院でき、帰国に向けての体勢も整えていくとのことで、ホッと胸を撫で下ろしております。
皆様からは、渡米後も変わらぬ温かな御支援を頂き、敬太くんとお母さんの現地での心の支えになってきたことと思います。本当に有難うございました。
近々、帰国日のお知らせが出来るのではと思います。
敬太くんが、元気な姿で帰国出来る日を、心待ちにしたいと思います。

移植手術後5ヶ月

12065843_1665480660365586_4698831673813930926_n
12063595_1665480643698921_231178644332761870_n

術後5ケ月経過
アメリカピッツバーグ現地より、敬太くんのお母さんから経過報告の連絡が届きましたので、お知らせします。
………………………………………
いつも敬太を温かく見守って下さりありがとうございます。
ピッツバーグは先日−2°Cまで冷え込みミゾレが降りました。
インフルエンザも流行り出しているので、早急に予防接種を受けました。
週に1度の採血検査が3ヶ月続いていましたが、やっと2週間に1度のペースになりました。
免疫抑制剤と腎臓の相性が悪いらしく、腎臓を守る為に、医師からは1日3ℓの水分を摂取する様に言われています。敬太のお腹は水分でいつもチャポンッと音がします。
夜中に必ず1〜2回トイレで目を覚ましますが、その度にコップ1杯(180ml)水分を飲む様にしています。汗もかかないこの時期に日中だけで3ℓ飲む事はとてもキツイので、少しでも水分量を稼ぐ為にです。
血圧は1日に2〜3回測定し、週に1度医師へ報告して薬の調整をしています。
心電図や心エコーで見る限り心臓の調子は良さそうで、来月のバイオプシーの結果に問題が無ければ、具体的に帰国日が決まりそうです。
最近は声変わりの最中の様です。最初は(あれ?声、風邪かな?)と思ったのですが、どうやらそうでは無いみたいです。
母として密かに成長を楽しませて貰っています。
命の危機に怯えないで眠りにつく事が出来る有り難さ。皆様の善意のお陰で得られたこの時間、大切に思っています。
ありがとうございます。
母 堀井紀子
………………………………………
敬太くんの順調な回復、成長の様子が送られてくる度に、3月に旅立った日から随分と時が経過した様にも思います。
地域の皆様、またFacebookやホームページから、いつの時も、順調な経過を安じてくださるお言葉を頂き、本当に有難く感謝しております。
帰国のお知らせが出来る日も、近づいて来た様に思われます。
御支援頂いた皆様に、順調な御報告をさせて頂けることに、心より感謝申し上げます。

11181996_1665480623698923_8564030881080325514_n

移植手術後4ヶ月

12027786_1653202328260086_8386667888696825787_n

12036786_1653202318260087_6595970886385771935_n

12032265_1653202304926755_5116850449252702744_n
術後4ケ月経過
アメリカピッツバーグ現地より、敬太くんのお母から経過報告の連絡を頂きましたので、お知らせします。
………………………………………
いつも敬太を温かく見守って下さりありがとうございます。
先日4回目のバイオプシーを行いました。
毎回結果にドキドキしているのですが、順調を示す値を得ています。
免疫抑制剤の血中濃度は相変わらず不安定で、1週間で倍近く数値の差が出る事もあります。また薬の影響で1ヶ月程前から高カリウム血症になり、徐々に悪化傾向にあるので、検査と薬の調整と食事療法を取り入れています。
しかしお陰さまで心臓の調子は良さそうです。それを物語るかの様に、ここ3ヶ月の間で敬太の身長は4〜5cmも伸びました。
去年の今頃は病院の重症室で、心臓は機械に繋がれベッド上で体を起こす事さえも許されない状態でした。病室の窓から見る夕陽に、明日の命を拝みました。
今では日課のウォーキング中に見る夕陽に、命の感謝を捧げています。
今こうして生きている、いや生かされている喜びを、有難さを、何でもない日常に感じます。
命を繋いで下さった多くの皆様に、いつも感謝を忘れません。ありがとうございます。
母 堀井紀子
………………………………………
順調に回復経過をたどっていること、元気そうな敬太くんの様子を見ると、安堵の気持ちと共に、あらためて、敬太くんに希望の光を届けてくださった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
帰国までの数ヶ月、敬太くんの無事を祈ると共に、一日も早く皆様にそのお知らせが出来ることを願っております。
渡米後も、敬太くんの経過を気にかけてくださり、本当にありがとうございます。


メールはこちら