アメリカから帰国しました
心臓移植手術成功しました
目標額達成しました

移植手術後3ヶ月

11831637_1640214352892217_6780895796708566356_n

11904692_1640214372892215_2361430858939552942_n

11887976_1640214389558880_5577983318997367489_n
術術後3ケ月経過
アメリカのピッツバーグ現地から、敬太くんとお母さんより経過報告が届きました。
……………….………………………
いつも敬太を温かく見守って下さりありがとうございます。
移植後3ヶ月が過ぎました。
敬太はお陰様で元気に過ごしております。
しかし拒絶反応を抑える血中濃度がここ1ヶ月間で徐々に低下してしまい、その度に免疫抑制剤の薬を増量して来ましたが中々目標数値に乗ってきません。
安定する迄、引き続き検査と調整が続きます。
先日病気だった昔の敬太の心臓を見る機会がありました。
VAD(人工心臓の機械)が埋め込まれたままの病気の心臓。
肥大化し左右心室の心筋繊維化が進んでいた。機械無しでは1日足りとも生きられ無いと告げられた心臓。役目を終えて目の前にある。
敬太と一緒に深々と頭を下げた。
-敬太より-
敬太の心臓はだいぶ傷ついていた。それでも、頑張ってくれた心臓。
約13年間、こんな姿になってまで共に生きてくれてありがとう。
言う言葉はただ一つ。ありがとう。
さようなら、と最後の別れを終えた。なんだか少し寂しかった。
速足で歩く敬太の後ろ姿を追い掛けながら、新しい命と巡り会えた事に、今を生かされている事に、感謝しきれない程の有り難さを感じます。
ここまでお力を下さった多くの皆様、本当にありがとうございました。
母: 堀井紀子
……………………………………
帰国まではまだしばらく月日を要しますが、順調に回復し、ご支援頂いている皆様に、一日も早く帰国予定のご報告ができる事を願っております。
今後もどうぞ、あたたかく身守ってくださいます様宜しくお願いします。


メールはこちら