アメリカから帰国しました
心臓移植手術成功しました
目標額達成しました

移植手術後20日目

1433248210813
術後20日目
無事退院しました。

2日前から少しだけ食べられる様になってきて、それに伴って元気も少しずつ出てきました。

血中濃度や血圧が安定していなかったり、左右腕の血圧差の原因も、未だ不明です。
まだ万全ではないので毎日病院に通います。

機械に繋がれていない、生身の敬太の姿を見ると、この約11ヶ月間の出来事が悪夢で、今正に夢から覚めた様な気がします。
敬太に命を吹き込んでくれた大切な心友に、手を合わせて拝みます。
敬太を支え応援して下さった皆様がいたからこそ、今の敬太がここにいます。
敬太の身体に刻まれた沢山の傷跡が、尊い感謝のこの気持ちを何時迄も忘れない様にしてくれます。

日本の内科の先生からは、これからの方が本当は大変なんだよ、と念を押されています。
が、ここまで本当に良く無事に辿り着いてくれた。
敬太、生きていてくれてありがとう。

皆様、本当に今までありがとうございました。そしてこれらもどうぞ温かく見守って下さいます様、宜しくお願い致します。

母:堀井紀子

1433248216033

敬太くんがある人に送ったメールです。

敬太の通っていた小学校の運動会があったんだ!
「早いな~、時は」って思った。もう一年が経ったよ。去年の運動会の競技に組み体操があって、敬太は体重が一番軽かったからピラミッドを作るとき一番上になっちゃって怖い思いをしたのを覚えてる。敬太、高いところが苦手で(苦笑)
でも、不思議だよね。その時は辛いかもしれないけど、一か月、半年、一年…と時が経つにつれて辛いことも苦しいことも全部良い思い出になるじゃん。不思議と。
だから、今は今で精一杯色んな事をやらなきゃいけないよね。あとから「良い経験をしたな。」って思えるように。

本当、楽しい、嬉しい事は大切。それだけじゃなく辛い事、苦しい事も大切。
僕たち人間は、魂を磨くためにこの地球という舞台が用意された。この身体は神様からの借り物だと敬太は思ってるんだ。
どう捉えて、どう感じるかはその人自身、意見は十人十色だからね。誰が合ってる。誰が間違ってる。っていうのはないから。その人が思う事が正解だから。どんな意見だろうが自由だから。

敬太は、心臓の病気は治ったけど免疫のない病気にかかったもの。
大変なのはこれからかもしれない。でも、1番大変な事はもう終わった。きっと…ね。

これからはドナーの方の分まで存分に生きなきゃね。
どんなに辛くてどんなに苦しくても生きよう、そう心に、心臓を提供してくれた子に、そのご両親に誓わなきゃね。

術後の危険な状態も乗り越え、敬太くんは今日の日を迎えることができました。
敬太くんとご家族に、温かいご支援を送り続けてくださった皆様に、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
まだまだピッツバーグ現地での、検査も続きます。
今後も経過、回復状況をFacebookやホームページにてお知らせいたします。
引き続き、温かく身守って頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。


けいたくんを守る会 » けいたくんの近況報告 » 移植手術後20日目
メールはこちら