アメリカから帰国しました
心臓移植手術成功しました
目標額達成しました

近況報告(渡米1ヶ月半)

1471780_1596640430582943_2537701937719308457_n
11110864_1596640470582939_4035023942911101213_n
渡米1ケ月半
ピッツバーグも漸く温かくなりました。上着無しでも寒くないくらいです。
敬太は日本に居た時よりも頭痛が起こるので、予防の薬が処方されました。
ここ最近の体調は落ち着いていますが、お腹の調子は相変わらず、地味に痛くて緩い状態が続いています。
敬太には、いつ移植が来ても良い様に体調管理と、心の準備もしておこうねと声を掛けています。
そんな中敬太が「お手紙書く」と、誰に書いていたのか、涙を浮かべながら静かに書いていました。


敬太の心臓へ
こんにちは。今日は君とお別れの日として手紙を送ります。
お母さんのお腹の中で一番最初にできて、ここまで大きくしてくれたこの12年間、本当にありがとう。
寂しいけど君の役目はここで終わりなんだ。これからは君以外の心臓と交代して生きていくんだ。君と僕にとってはまた新しい人生が始まるんだ。
君は最後の最後まで頑張ったね。心から拍手を送るよ。
君がいなくなっても約一年間一緒だったVADはきっと持ち返られるからきっと寂しくはないと思う。でもたまには「悪いことをした」「いなくて寂しい」って思うことがあるかもしれないから、知られざる世界から大丈夫ってはげまして。
君なら大丈夫って勇気づけて。
君は僕の体から離れても、やる事はあることを忘れないで、研究してもらって医学の進歩に役立ってね。
今まで育ててきてくれて、供に生きてくれてありがとう。
本当に本当にありがとう。
さようなら。 堀井敬太


10929948_1596640447249608_5844270082535210838_n
アメリカで心臓移植を待つけいたくんに、様々な国籍をもつお友達も出来てきました。先日は、イランから見えたご家族のお子さんのお誕生日会に呼ばれたそうです。
他にヨルダン・スペインのご家族も含め4ケ国の家族でお祝いをしたそうです。
お互いの複雑な胸の内を、互いに痛みが分かるからこそ、笑顔で支え合っていけるのですね。
けいたくんの手術実現の日が来ることを願い、日本からもエールを送り続けていきたいと思います。
これからもどうぞ温かく見守ってくださいます様、宜しくお願いします。


けいたくんを守る会 » けいたくんの近況報告 » 近況報告(渡米1ヶ月半)
メールはこちら