アメリカから帰国しました
心臓移植手術成功しました
目標額達成しました

会計報告とけいたくんを守る会解散のお知らせ

けいたくんを応援してくださる皆様、いつも本当にありがとうございます。
本日は、会計報告とけいたくんを守る会解散のお知らせをさせていただきます。

11月16日、余剰金の全額を寄付いたしましたのでご報告申し上げます。
会則第11条に則り、皆様からお預かりし、けいたくんを守る会で管理しておりました余剰金は、現在けいたくんと同じ心臓の病気で海外での移植手術のための募金活動をしている3団体と、日本移植支援協会、及びけいたくんの移植手術生活を支えて下さったマクドナルドハウスや、日本で移植手術者のその後の支えとなる活動を推進している団体に寄付させていただき、管理しておりました残高は0円となり、銀行口座を全て閉鎖いたしました。

おうちゃんを救う会
https://www.genki-o-chan.com/
18,147,312円
しょうへいくんを救う会
https://www.saveshohei.com/
18,000,000円
りくくんを救う会
https://riku-kun.com
9,000,000円
※3団体への寄付金は、各団体の目標額に応じて算出した比率により決定いたしました。
日本移植支援協会10,000,000円
マクドナルドハウス(大阪吹田)2,000,000円
マクドナルドハウス(ピッツバーグ)3,000,000円
移植を受けた子どもと家族の会500,000円
日本移殖者スポーツ協会1,000,000円

01

02

2014年12月愛知県庁にて、けいたくんの海外での心臓移植手術に向けての募金活動開始の記者会見を開かせていただいてから、地域の皆様はじめ全国から温かなご支援を頂き、1ケ月半という短期間で、目標額を達成することができました。そして、2015年5月15日に米国ピッツバーグ小児病院にて移植手術が成功し、同年12月に無事帰国し、3年という年月が経過いたしました。

その間、大阪大学医学部附属病院にて定期的な検査を受け、時には免疫抑制剤による腎臓への負担から入院することもありましたが、けいたくんが心から望んでいた『家族と共に過ごせる毎日』と『友達と学校生活を送ること』を叶えることができています。
地域でけいたくんに会う度に身長が伸び、会話を交わす目線がどんどん高くなっていることを感じるごとに、順調に成長していることを実感し、そのたびに募金活動を支えて下さった皆様の姿が思い出され胸が熱くなるのを感じています。

人ひとりが順調に成長していくことが決して当たり前ではなく、沢山の方々の深い愛情で支えられてこそのものだということを、守る会の活動を通じて、私自身もご支援頂いた皆様から教えて頂きました。
けいたくんとご家族も、地域の方々はじめ関係機関の方々からも、励ましやいたわりのお声を掛けて頂いている日常に、生きる喜びや勇気を頂いていると話しています。

ドナーの方から尊い命のバトンを繋いでいただき、その命を輝かせながら生きているけいたくん。彼の生きる基盤を支えて下さっている支援者の皆様に心より感謝申し上げます。
会は解散となりますが、今後もけいたくんの成長を見守り、応援して頂けると嬉しいです。

皆様、これまで「けいたくんを守る会」をご支援頂きまして、本当にありがとうございました。

2018年12月1日
けいたくんを守る会一同

2018年12月01日掲載 *けいたくんを守る会からの大切なお知らせです

アメブロ
「けいたのブログ」

高校生になって半年が過ぎようとしています

高校生になって半年が過ぎようとしています。新しい事だらけの毎日で、クラスも友達も、授業さえも楽しいと感じながら過ごしています。

ご支援して下さった皆様、そしてドナーの方に本当に感謝しています。

将来は臨床工学技士(ME)になりたいと思っています。
心臓移植を受けるまでは、人工心臓で命を繋いでいました。人工心臓の管理をするMEの人が病室に来てくれると、心がホッと安らいだ事を今でも覚えています。
命と隣り合わせの瀬戸際で苦しんでいる人にとって、安心して希望を持って貰える様な、そんなMEになりたいです。

敬太

移植後3年目を迎えて

今年の5月13日で、心臓移植して3年を迎えました。

敬太は小学校6年生の夏に突然特発生拡張型心筋症を発症し、緊急手術から始まり入院生活に入りました。その後も手術を繰り返し、心臓移植に辿り着き、念願の学校へ復帰したのは中学2年生でした。
中学3年生の受験を経験し、そしてこの4月からは高校1年生になりました。
身長は移植後30㎝以上伸びました。

高校生活を敬太はワクワクしながら通っています。
命の限りを間近に感じた事で、見える世界が変わった様です。日々の当たり前の日常生活が、充実した1日と思える様になったのかもしれません。目の前にある幸せに、気が付かせて貰えたのかもしれません。

5月に行われた移植3年目の心筋生検とカテーテル検査では、薬で抑制しきれていない拒絶反応が若干出ていた事が分かりました。
昨年の秋より出始めた不整脈も、拒絶反応から発生していた可能性も否定出来なくなり、免疫抑制剤を増量して自己免疫力を今より更に落として治療する事になりました。
強い薬の副作用もあり腎臓に負担がかかり、夏には2週間入院をして腎機能回復の治療を行いました。
冬に再度心筋生検を行い、結果次第でその後の治療を立て直す予定です。
今後も検診と入院検査を繰り返し、しっかりと管理しながら生活して行きます。

今に至るまで敬太の為に大役を引き受けて下さった「守る会」の代表をはじめ、役員の皆様、敬太を何とか救おうとするその真心に、胸が熱くなりました。
目に見る事は出来なくても、そこには確かに強い力が宿っていたと感じました。
多くの方々の温かいご支援の力があって今の敬太が居る事を、敬太の姿を通して身に染みて思います。
お世話になった皆様に深く感謝申し上げます。今まで本当に有難うございました。
そして、敬太と共に歩み続ける道を選んでくれたドナーと、尊いご決断をされたご家族に、敬意と感謝の気持ちを送り続けます。

皆様からの愛の力に守られながら、敬太も私達家族も、幸せに過ごしています。病気を感謝として有り難く受け入れようと思えるのも、周りの皆様の支えがあるからです。

「出来る時に出来る事を出来るだけやってみる」が敬太のモットーです。
敬太が生き抜く姿を目を逸らさず受け容れて、最善を尽くして歩み続けて行きます。

ありがとうございました。

母 紀子

移植後2年目の心筋生検

移植後2年目の心筋生検

心臓移植後2年目の心筋生検を行う為に、ゴールデンウイークに検査入院をしました。

拒絶の値はゼロで冠動脈も異常無しと、安心出来る結果が得られました。
敬太と共に歩んでいるドナー様、敬太の明日を支えて下さった、そして今も支えて下さる本当に多くの皆様、今一度改めて感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

敬太は中学3年生になり、最近は将来目指したい仕事も具体的に決まって来ました。

2年半前、小学校6年生の敬太は病院のベッドの上でこんな事を言っていました。
「まだ何の役にも立っていない…」
その言葉は(まだここで終わる訳にはいかないんだ)と心に誓う、強い意志の表れだった様に思います。
あの頃の想いは、今こうして少しづつ形あるものへと近づき始めています。

今出来る事を、出来る時に、出来るだけ…そうやって日々を過ごしています。

今日という日を迎える事が出来る感謝を胸に刻み、大切に過ごして行きたいと思います。

母・紀子

移植後2年目の心筋生検移植後2年目の心筋生検

帰国して1年が過ぎました

帰国して1年が過ぎました

敬太はこの1年間特に大きく体調を崩す事なく、思いっきり中学2年生を謳歌しています。
毎朝部活の朝練から始まり、皆と同じ様に授業を受け、部活動に出て暗くなってから帰宅する毎日です。
最近は受験を意識して、勉学にも励んでいます。

先日は「全国移植者スポーツ大会」や、学校の体育祭にも参加して、全速で泳いだり走ったりしました。
脈拍や血圧も薬無しでも落ち着いて来ました。ドナー様からの贈り物と敬太が一体となっている様です。
力強い鼓動。ドナー様のご冥福とご家族への感謝を捧げます。

今こうして敬太が以前の様に普通の子と同じ様な生活を送る事が出来るのも、主治医を始めとし、敬太を支えて下さる学校関係者、応援下さった皆様と、そして敬太と私たち家族を今も温かく見守って下さっている地域の皆様のお陰です。ありがとうございます。

月に1回阪大病院に通い、検査結果に毎回ハラハラしていますが、(また1ヶ月体調管理に努めよう!)と、受診を良い励みにしています。

「友達って良いね」と、中学2年生になって初めて敬太は言いました。
生かされた命の重みと尊さを胸に、敬太が悔いなく日々を過ごせる様に、親として支え続けて参ります。

父・堀井 孝哉
母・堀井 紀子

半田市役所にて帰郷報告記者会見を行いました

帰郷報告記者会見

米国での心臓移植手術を終え、昨年12月9日に帰国した敬太くんは、阪大での検査入院を経て、12月25日のクリスマスの日に無事退院し、年末年始を家族と共に過ごすことができました。

念願の「地元に帰りたい」「家族と一緒に過ごしたい」という夢が叶い、兄妹とも笑い合って過ごせる日常を、今まで以上に大切に紡いでいる敬太くん。
敬太くんのこどもらしい無邪気な笑い声を聞くたびに、本当に嬉しく思います。

けいたくんを守る会を発足してから今日まで、地元の方々をはじめ、全国から沢山のお力添えを頂き、今日の日を迎えることができました。
本当に、ありがとうございました。

「困っている人を助けてあげられる人間になりたい。」
敬太くんの言葉には、皆さんから頂いた愛を心に刻み、自分の使命に変えて、しっかり生きていく覚悟を感じました。

帰郷してからまだ日は浅く、生活環境を整えることも、まだまだこれからの課題です。
そして、敬太くんのもう一つの願いであった「友達と一緒に学校に通う」実現は、阪大の外来での許可が下りてからになりますので、もう少し先となります。

今後の経過については、敬太くんの両親から、ホームページやFacebookにて御報告させて頂きます。

"敬太くんの笑顔を守りたい"という願いのもと活動してまいりました「けいたくんを守る会」に、ご理解ご支援頂き、誠にありがとうございました。
全国からお寄せ頂いた募金の会計報告は、全ての精算を終え、集計出来ましたら、ホームページにてご報告させて頂きます。宜しくお願い致します。

2016年1月7日
けいたくんを守る会 (代表)岩浪房子

帰郷報告記者会見帰郷報告記者会見

帰国のご報告

敬太くんと両親の三人が、伊丹空港に無事帰国致しました。

空港では、多くの報道陣から取材を受け、元気そうな様子を見せてくれた敬太くん。
インタビューでは「帰って来ることが出来て最高です! これからの人生、今まで以上に頑張ります。学校生活も楽しみにしています! 」と、支援者の方々へお礼の言葉を述べていました。

帰国後暫くは、大阪大学医学部附属病院に検査入院します。
その後、地元の半田市に帰郷予定です。

昨年末の募金活動から、早いもので一年が経とうとしています。
敬太くんが渡米してから9ケ月、危機的状況にも直面しましたが、皆様の温かいご支援のおかげで、敬太くんの命を繋ぐことができました。
無事、本日帰国することが出来ましたことに、厚くお礼申し上げます。

1億8千万円という多額な募金活動にご尽力頂き、またその後もお力添え、ご支援頂きました皆様、本当にありがとうございました。

「家族と一緒に過ごしたい」 「お友達と学校に通いたい」けいたくんの夢がもうすぐ叶います。
一人の少年の命と夢を繋いで頂き、本当にありがとうございました。

今後の経過につきましては、ホームページやFacebookにてご報告させて頂きます。
また、会計報告につきましては、医療費、渡航費等全ての支払いを終えた後、ホームページにてご報告させて頂きます。宜しくお願い致します。

2015年12月9日
けいたくんを守る会 (代表)岩浪房子

帰国しました

心臓移植手術終了のご報告

敬太くんの心臓移植手術を祈り、ご支援ご協力頂いた皆様へのご報告

現地時間5月11日19時(日本時間5月12日8時)病院からドナーの方が見つかったとの連絡が入り、現地時間の5月12日16時半(日本時間5月13日5時半)より移植手術を開始、約6時間の施術時間を経て、ICUへ戻りました。

しかしその後、出血量が多く、危険な状態が続きましたが、医療スタッフのみなさんによる懸命の措置のおかげで、敬太くんの心臓が動き出しました。

現地時間15日9時半(日本時間22時半)身体の中に残っている補助人工心臓の一部の撤去手術を終え、同日13時半(日本時間16日2時半)敬太くんは無事意識を取り戻しました。

毎日ドキドキ緊張しながらも、手術に向かう決意と、命のバトンを受け取り力強く生きていく覚悟を育んできた敬太くん。

大阪大学医学部付属病院での度重なる手術にも「これが終わったら家に帰れるよね?」と、離れ離れになった家族との生活を待ち望んでいました。
移植手術のことをお母さんから告げられた時も、ドナーとなられる方の死を悼み、自分自身が生きていくことがその方の幸せになるのだろうか…と、葛藤したこともありました。

「敬太に生きてほしい。敬太がこの病気を乗り越え元気になることが、家族や周りにも生きる希望となるんだよ。」と、家族は敬太くんを支え続けました。
そして、敬太くんを守る会にご賛同くださり、ご支援くださった皆様が、敬太くんとご家族に明るい未来を与えてくださいました。本当に本当にありがとうございました。

そして、この度の移植手術にあたり、敬太くんの命を繋いでくださったドナーの方のご冥福をお祈りすると共に、ドナーのご家族の方に心より感謝申し上げます。

昨年の今頃は、運動会の練習をしたり、ジュニアブラスバンドに入団したり、水泳を頑張ったりと希望に満ち溢れていた敬太くん。突然の発病で生活が一変してしまいましたが、また家族やお友達の待つ地元へ帰れる日が近づいてきました。
頑張り屋のけいたくんですので、術後のリハビリも精力的に頑張るのではないかと思います。

手術前に、敬太くんが送ってくれたメッセージを記します。

『今はもちろん緊張してるし、これからは敬太の心臓ではなく他の人(ドナー)の心臓で生きていく訳だから今まで以上に生きるということを大切にしていきたいです。
そして同じ病気の人、違う病気の人でもいい。そういった人にアドバイスや「僕はこうやって乗り越えてきた」という事を伝えていきたい。
また、病気ではない人にも生きるという事がどれだけ大切か。そしてどれだけ大変かを伝えたい。』

今後の敬太くんの回復状況・治療状況などにつきましては、随時ホームページ・Facebookにてご報告させていただきます。今後とも温かく見守って頂ければ幸いです。

2015年5月16日
けいたくんを守る会 (代表)岩浪房子

10407868_1607819179465068_6862468446154195999_n 11008794_1607819189465067_2468030272220545497_n

いつも敬太を温かく見守って下さりありがとうございます

多くの皆様からの惜しみないご支援を頂き、心臓移植の日を迎える事が出来ました。

先ず、旅立たれたドナーの方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
そして深い悲しみと苦しみの中、尊いご決断をされたご家族の皆様に、お悔やみと心からの感謝を申し上げます。

5月11日 19時(現地時間)
新しい心臓の受け入れが決まったと、病院から電話が入る。

20時…
ICU入院
その夜敬太は緊張して、中々眠れず。朝方3時にウトウトする程度で朝を迎える。

5月12日 16時半(現地時間)
突然手術の迎えが来る。
敬太は(またね!)とでも言う様に軽く手を挙げ、手術室へ向かう。

21時15分…
手術が無事に終わったと報告が入る。
出血量が多いので、開胸したまま戻って来ると告げられる。
手術の成功にホッとする。

5月13日 0時半(現地時間)
予定面会時間を2時間半過ぎても、誰も何も言いに来ない。
不安で押し潰されそう。

2時…
機械(エクモ)に繋がれていた。
手術は上手く行ったように見えたが、手術室を出てICUの部屋に戻ってから、血圧と脈が低下してしまった、原因は不明…と告げられる。
急遽機械を取り付けて維持している。
全てが順調に進んでいると報告を受けていただけに、変わり果てた姿に愕然とする。
手足が震えて呆然とする。

冷たい身体。色のない唇。
反応が無い事は分かっていても「敬太、敬太」呼んでも何度名前を呼んでも、勿論反応はない。
耳元で話しかける。「まだだよね?信じて待っているから」
手術室で聴きたいと、敬太がお願いしていたMichael Jackson「Man In The Mirror」を耳元で流す。

8時…
出血量が多いので、手術室へ。

ドクターからの話では、術後部屋に戻ってから心停止した。20分間蘇生措置をした。
今は重度の心機能低下状態。危機的な状況だと。
このまま機械の力を借りて、損傷を受けた臓器を休ませて様子をみる。

酷だ。
敬太は新しい心臓と今話し合っているのかな?ずっと一緒にやって行くんだから大切な事だね。
しっかり絆を結んで戻っておいで。
敬太が「自分で決めたんだよ」て云う事を、お母さんどこまでもトコトン付き合うって決めた。決めたけど、それでも辛過ぎ。

13時…
血漿交換 タンパク質補充

5月14日 朝(現地時間)
脈が出て来る。冷たかった手足が、温かくなる。
また、奇跡が起ころうとしている。

13時半…
手術室へ。機械が外れるかもしれない。
敬太、もう少しだよ。

15時…
心臓が動き出した!力強く!
機械から離脱出来た!
ドクター達がガッツポーズをしている。
この快復力。敬太の強い生命力と、そしてドナーの方達の強い想いを感じずにはいられない。
まだ開胸して人工呼吸器も着けている状態だが、敬太が目を覚ます日が近ずいている。

5月15日7時半(現地時間)
4度目の手術室へ
最初の手術で取り除けなかった(出血量が多くて)身体の中に残っているドライブライン(補助人工心臓の一部)の撤去をし、胸を閉じる

9時半…
手術終了。
今回は上手く行われたと告げられる。
その言葉に安堵して全身の力が抜けて行く。

13時半…
敬太が薄っすらと目を開く。「お母さんだよ、分かる?」
目を閉じて僅に頷く。

お帰り、敬太。

敬太のシナリオには、この先も生きるって書かれていたんだね。
「いつ亡くなるかは、最初から決まってるんだよ。その日を誰も知らないだけ。」
今までの何度かの危機を乗り越えて行く内に、敬太の中に染み込んだ言葉。
周りの人は祈りながらも、全てを受け入れなければならない。
それがきっといつか、感謝に変わる日まで。

繋いで頂いた燈は、愛を込めて大切に育んで参ります。

肺が少しダメージを受けていて、快復を待ってから序所に起こして行くので、完全に目覚めるまでには数日かかります。

敬太を見守って下さる全ての皆様に、深い深い感謝で一杯です。
本当にありがとうございました。

母 堀井紀子

→ 募金目標額達成時のご報告とご挨拶掲載ページ

2016年1月6日現在の募金総額

目標募金額 1億8000万円
現在の金額 1億9935万円

ご協力ありがとうございます。皆様のご厚意に感謝致します。

メールはこちら

新着情報とお知らせ